FC2ブログ
-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013-09-29 16:08 | カテゴリ:ラテン文化紹介
またもやアルゼンチン映画Iluminados por el fuego ステイト オブ ウォー

フォークランド紛争、またはマルビナス戦争と呼ばれるイギリスアルゼンチン戦争を題材にした映画です。

恥ずかしながら、この映画でこの紛争のことを初めて知りました
1982年の時に18歳で兵士としてこの戦争に参加した人たちは、今年49歳。
非常に最近の話なんです。

戦争映画として戦争の悲惨さも描かれていますが、アルゼンチンの敗北に終わったあと、帰還兵がねぎらわれることもなく、トラウマを抱えて多くの帰還兵が自殺したという事実のほうが、重いメッセージの気がしました。

スペイン語の聞き取り易さ・・・65点
戦闘シーンは会話も少ない。(私が聞き取り苦手な)アルゼンチン映画の割には、理解しやすいスペイン語でした。
スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://latinyokohama.blog117.fc2.com/tb.php/88-60126edc
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。